090-6068-3163

ブログBlog

Blog

090-6068-3163

営業時間

【受付時間】月〜土 9:00~20:00 ※施術中は電話に出られない事があります。その場合は「お問い合わせ」よりメッセージをお願いします。

【施術時間】月〜金 9:00~22:00    土9:00〜12:00(土曜日は前日20:00までに予約)

>>コチラをクリックして予約状況を確認する

定休日

日・祝日

Home > ブログ > 五月病と自律神経について

健康

五月病と自律神経について

皆さんこんにちは!吹田市にある自律神経症状専門の出張整体院「出張整体イマケン」の上村です!

 

今日もあなたが悩むあらゆる症状を長引かせている「自律神経の乱れ」について解説していきます。

 

今日のテーマはこの時期から気をつけたい「五月病」です。一般的に五月病は、4月に始まった新しい環境や人間関係でストレスを溜めてしまっていた方が、五月のゴールデンウィークの長期休暇で緊張の糸が切れてしまい、やる気や気力の低下、虚しい気持ち、脱力感などを感じてしまうことを言います。

 

今日はそんな五月病と自律神経の関係性についてしっかり解説しますので、連休明けにもあなたの気力体力が維持できるようにしましょう。

目次

五月病とは何か?

五月病という病気は医学的には存在せず、あえて言うなら適応障害や軽度のうつ病と考えていいと思います。しかしこの時期特有の、それら症状を作る原因があるから「五月病」と言う俗語が生まれました。

そのため、同じような症状は、同じような環境、境遇によってあり得るので、五月病だから五月だけにしか起きないという訳ではありません。

ここではそんな五月病について、基本的な考え方を紹介します。

自律神経の乱れが原因

4月から新しい環境や境遇になり、新しい人間関係や役割を与えられている方にとっては、5月の連休はホット一息つける、気が抜ける瞬間なのかもしれません。

しかしその気が抜ける瞬間を味わったのもつかの間、連休明けにはまた、緊張感のある仕事が始まります。「休みボケ」と言う言葉があるように、集中力が途切れてしまっている状態で仕事が始まることもあると思います。

その場合、あなたの自律神経は極度の緊張(交感神経過敏な状態)からの反動で、急激に副交感神経(リラックス、癒しの状態)が反応し、一気にやる気や気力が減退してしまいます。
(自律神経とは、交感神経と副交感神経の2つがあり、その2つは互いにバランスを取りながらどちらかを優位に働かせている、いわば「シーソー」のような神経です。どちらかが過剰に働くと、どちらかが減退しやすくなります。)

やる気や気力が減退し、副交感神経が強く働いた状態から、連休明けに仕事や学校などが始まるときに、上手く交感神経を働かせられず、休みあけも本調子になれない、身体的には腰痛や肩こり、めまいや頭痛になります。

五月病の症状

五月病の主な症状には次のようなものがあります。

・朝早く目が覚めても起きたくない
・食欲が出ない
・身だしなみを整えるのが面倒
・マイナス思考になりがち
・仕事や学校に行く前に頭痛、腰痛、腹痛
・仕事に集中できない。ミスが多い
・夜考え事で眠れない
・イライラがおさまらない
・めまいや肩こりが起きる

これらの症状を連休明けなどに感じる原因を五月病と呼びますが、実際には連休明けでなくてもストレスで感じてしまうことも多いと思います。

普段からこのような症状がある方は、もっと他の疾患を精神的なものも含めて考えてみるのがいいかもしれません。例えば、

・適応障害:気分が優れない、体調不良、うつ症状など
・うつ病:憂うつ、やる気が起きない、疲れても眠れない、思考力が落ちる
・パーソナリティー障害:認知、感情、衝動コントロール、対人関係といった広い領域に障害がある
・発達障害(アスペルガー症候群など):対人関係の障害、コミュニケーション障害など
・パニック障害:動悸やめまい、発汗、窒息感、吐き気、手足の震えといった発作を突然起こす
・不眠症:寝つきが悪い、途中で起きてしまい眠れない、朝早く起きてしまう、熟睡できないなど

どれをとっても、五月病に近い症状にも見えます。というよりも、医学的に「五月病」と言う病名はなく、これらの疾患のどれかであることの方が現実的です。

しかし、これらの症状を作っているのは、紛れもなく自律神経です。自律神経の状態が本格的に改善すれば、そもそもこれら疾患にもならないはずです。

こんな人が要注意

五月病は、その人の境遇やその時の思考によって、誰にでもなる可能性があります。そのなかでも、受験や就職などの目標としていた大きなことを達成したことで、燃え尽き症候群のような状態になっている人や、環境の変化や新しい生活、人間関係で周りにうまくなじめないという人は、ストレスを溜め込みやすいので注意が必要です。

五月病の原因とされる適応障害やうつ病といった病気になりやすいタイプの人とは、性格的に几帳面でまじめ、責任感があるといった特徴があり、感情を表に出せずに一人で抱え込んでしまいます。

五月病の予防と抜け出し方とは?

ここまでの話で、五月病にならないためには、連休になる前の習慣や生き方、思考の部分が重要であることがわかっていただけたかと思います。

ここからは、まず今のうちにやっておきたい、習慣や生き方、思考の部分について解説します。

一人で抱え込まない

まずは思考の部分です。一人で全てを解決しようとするあなたは、とても責任感が強く周りに弱みを見せてはいけないと考えがちではないでしょうか?

その結果、一人でなんでも解決することの方が気が楽と思い込んでしまい、もし行き詰まった時に誰にも相談できない、誰も助けてくれないという事態になってしまいます。

周りの人も、あなたは一人でなんでもやってくれると思っているので、なんでも任せたくなってしまいます。そのように頼られると、どんどんあなたは一人でなんでも抱えるようになり、緊張感を抜くことができなくなってしまいます。

そんなあなたが連休で休み、気が抜けてしまうと、今度は元のモチベーションに戻るまでに相当な体力が必要となってしまいます。

やる気や気力が減退したところから、普段のモチベーションに戻るためには、相当なパワーが必要です。そのパワーを出すためにたくさんのエネルギーを浪費して疲れ、様々な症状(腰痛や肩こり、めまいや頭痛)も出やすくなってしまいます。

そうならないためには、普段からある程度「自分は周りに助けられて生きている」という感覚を持っておくことをお勧めします。

全て自分が背負うのではなく、できない自分、怠けている自分をある程度認めて、交感神経(ストレス・緊張の神経)と副交感神経(リラックス・癒しの神経)のバランスの乱れを最小限に食い止めるようにしましょう。

そのためにまず、一人で抱え込まない、自分でできることであっても人に頼ることからはじましょう。

真面目な性格をやめる

次に生き方の部分です。なんでも最後までやりきりたいと考えていたり、善悪の判断が絶対的になっていて羽を伸ばしたり箍(たが)を外したりできないという方は要注意かもしれません。

いわゆる「良い子」は時に自分の感情を背いてまで、人の評価を気にするようになってしまいます。そうなるとますますあなたの真面目度は増し、枠から外れられない、その結果本心を表に出せないという状態になってしまいます。

この場合、連休など気が休まった時にふと我に戻ります。その時は心地よく、副交感神経は強く働き、リラックス、癒しの時間になります。普段から緊張感が強かったあなたは、その反動で副交感神経が過敏に働く状態になり、眠気が強く、連休中もずっと家で寝ているなんてことになるかもしれません。

その状態から連休明けにまた同じように緊張感を高めるのは、なかなか至難の技です。しかも、連休中にふと我に返ったあなたは、あなたの今の状況、感情を押し殺して真面目に何でも引き受けてしまう状況に対して、不快感と不安感が高まっているかもしれません。

こうならないためにはとにかく今までの真面目な性格、几帳面な性格などを思い切ってやめてみることがお勧めです。

実施のポイントとしては「宣言する」と言う方法がお勧めです。「真面目な性格やめます!」と周りの人い言うということです。笑

なぜこれが良いかと言うと、あなたの真面目な性格を心配に思っている人は周りにたくさんいるはずだからです。一般的に、真面目すぎる性格と言うのは、周りの人から見てみれば「無理してるんじゃないの?」と考えてしまいます。

そのため、そんなあなたが「真面目やめます」みたいなことを言えば、返ってくる反応は「やめようやめよう!」か「あなたそれで真面目だと思ってたの?」かどちらかです。後者であれば少し恥ずかしいですが、ほとんどのケーズでそんなことにはならないはずだからです。

なぜかと言うと、あなたが自分のことを「真面目だ」と思っている時点で、あなたは今までに誰かから「真面目ですね」と言われているのではないでしょうか?

自分の真面目な性格に誰にも言われたことがないのに気づいている人なんて、そういないと思います。誰かに言われたことでないと、そもそも「真面目」の基準すらわからないですよね。なので自分のことを真面目だと現状でしっかり気づいているあなたが、他人から「あなたそれで真面目だと思ってたの?」と言われる可能性はかなり低いと思います。

自分のことを真面目だ、人から「真面目ですね」と言われたことがあるあなたはぜひこの、「真面目卒業宣言」をやってみてください。

食事、運動、生活リズムを見直す

五月病になってしまった場合の抜け出し方は即効性はなくてしかもかなりシンプルですが、食事、睡眠、生活習慣がやはり最も重要で、結局それが一番改善しやすくなります。

そしてあなたの五月病の症状を強めている原因自体も、ゴールデンウィーク中の食事、睡眠、生活習慣である可能性があります。

やる気や気力が減退していたあなたは、食事、睡眠、生活習慣の気をつけていたりする余裕はなかったですよね?その不規則な生活は、あなたのホルモンバランスの乱れを生じさせ、幸福感をさらに低下させます。

詳しくは次で紹介する「五月病とセロトニン」をしっかり読んでください。

五月病とセロトニン

五月病のようにやる気・気力の落ち込みや虚しい感情、憂うつな感情は、腸内で生成される神経伝達物質「セロトニン」が関係しているのかもしれません。

セロトニンは幸福感を感じさせるホルモンとして知られ、その量が少なくなるとうつ症状や気持ちの落ち込みなどに関わる大切なホルモンです。

食事、睡眠、生活習慣などと深い関係があるので、ここではそのあたりを中心に解説してきます。

セロトニンは自律神経をコントロールする

セロトニンは交感神経を刺激して、やる気・気力を高めてくれる働きがあります。その結果、日中の活動性を高めて、集中力を維持します。

このセロトニンは陽の光で分泌が促進されます。朝起きる時にしっかり朝日を浴びることで分泌が促進され心身を目覚めさせます。

ゴールデンウィーク中だからと言って、朝起きるのが昼ごろとなってしまうと、このセロトニンの分泌量が激減してしまい、幸福感を得られないようになってしまいます。

日頃から緊張感が高い仕事や作業をしていたり、ストレスのかかる環境にいる方は、今度は逆に交感神経が過剰に働いています。この場合、これ以上交感神経を刺激しないために、セロトニンは自らその分泌量を減らし、交感神経の過剰な働きを抑えます。

これは自律神経のバランスをとるという意味ではすごく重要ですが、これが慢性的に続くとどんどんセロトニンは分泌されにくくなり、幸福感は一層減ってしまいます。

3〜4月に緊張状態だった自律神経は、知らぬ間にセロトニン分泌を抑制し、さらにゴールデンウィークで副交感神経が過剰に働くようになりセロトニンの分泌はますます減って、連休を開ければ交感神経を高められない上に幸福感も奪われている状態になってしまいます。

つまりまとめると、セロトニンを維持できる生活を送ることが五月病の予防・改善のために重要であるということがわかります。

トリプトファンを摂取

セロトニンの原料となるもの、それがこのトリプトファンです。トリプトファンは以前にも何度か紹介しましたが、次のようなものに含まれています。(以前のブログにも載せています)

可食部100gあたりの含有量

・白米 82mg
・玄米 94mg
・パスタ(乾麺) 140mg
・そば(乾麺) 170mg
・鮭 250mg
・カツオ 310mg
・マグロ赤身 270mg
・豚ロース 280mg
・鶏むね肉 270mg
・木綿豆腐 98mg
・豆乳 53mg
・パルメザンチーズ 590mg
・プロセスチーズ 104mg
・ヨーグルト 47mg
・バナナ 15mg

以前も話しましたが炭水化物(セロトニンを増やすエネルギー)とビタミンB6(セロトニン生成促進)を一緒に摂取することも重要です。

詳しくからリンクから「心と自律神経を整える「セロトニン」とは?」をご覧ください

リズム運動を意識する

これも以前お話ししましたので、上のリンク記事を参考にしていただければいいのですが、運動については特に、連休中全くしなくなる方もいるので注意が必要です。そもそも外出したくなくなっているのに、運動するなんて、、なんて思わないでください。

詳しくは先ほどのリンクから「心と自律神経を整える「セロトニン」とは?」を読んでいただければわかりますが、「ガムを噛む」とか「足踏みする」「お手玉をする」などのリズム運動でも構いません。

20分以上継続したリズム運動であれば効果が期待できるので、是非ともチャレンジしてください。

五月病改善には自律神経を整える工夫を

五月病と自律神経には、深い関係があることをおわかりいただけたでしょうか?特にこの時期は環境の変化やストレスなどで自律神経のバランスが乱れやすくなっています。

また、セロトニンの分泌を正常化することも、自律神経をコントロールする上で重要です。今日の内容をしっかり理解して、五月病の対策をしてください。



出張整体イマケンは、吹田市、豊中市、箕面市、池田市、摂津市、茨木市、淀川区、東淀川区、旭区、守口市、寝屋川市などで、自宅にいながら本格整体を受けられるサービスをさせていただいている、自律神経症状専門の出張整体院です。

外出が怖くなるめまいやふらつき、頭痛、またはなかなか改善しない腰痛や肩こりなどをお持ちの方は、自律神経の乱れを解消して自己治癒力を高めることをお勧めします。

ご相談だけでも構いませんので、気軽にお電話ください。

シェアするShare

ブログ一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。