090-6068-3163

ブログBlog

Blog

090-6068-3163

営業時間

【受付時間】月〜土 9:00~20:00 ※施術中は電話に出られない事があります。その場合は「お問い合わせ」よりメッセージをお願いします。

【施術時間】月〜金 9:00~22:00    土9:00〜12:00(土曜日は前日20:00までに予約)

>>コチラをクリックして予約状況を確認する

定休日

日・祝日

Home > ブログ > ふらつき

お悩み・症状別

ふらつき

※当院はエキテンに登録していますが無料会員のため評価が低くなっています。患者様にいただいている実際の評価は口コミをご覧ください。

目次

ふらつきの原因とは?

ふらつきには様々な原因があり、一過性のものだと放置すると大変な疾患を見逃してしまうこともあります。
ここではふらつきの原因について正しく理解していきましょう。

血圧をコントロールすることが重要

血圧が下がると当然脳血流が低下し、ふらつきの原因になります。そしてふらつきが起きるくらい血圧が下がる理由として考えられるものとして、心不全や不整脈などが原因で血流そのものが減っているケースです。

これはある意味、ふらつきが生命維持に関わる重要な前兆ということを意味しており、「ふらつきくらいで」と放っておくことへのリスクも示しています。

平時から低血圧でふらつきがある人はもちろん、普段は血圧が安定しているのに急な低血圧によってふらつきやめまいなどが発生した場合には、その影にあらゆる病気が潜んでいる可能性があることを理解しておいたほうがいいかもしれません。

ただし、平時から低血圧でも、ふらつきが全くない人もいます。その場合は逆にその血圧がその人にとってはちょうど良いということを意味しているのかもしれません。

基本はあなたの主観的なふらつきをベースに考えていいと思います。ただしその背後にある重大な疾患を見逃さないように、下を読み進めてください。

最も怖いのは脳梗塞や脳出血

上述した低血圧を疑う前に、急なふらつきが起きた時の原因として、まず一般的に疑われるのは脳梗塞や脳出血かもしれません。

脳梗塞や脳出血が起きると、脳の血管の狭窄閉塞や脳出血による失血で脳内の血流が低下し、ふらつきなどの症状が急激に発生します。

なので、急なふらつきが起きた時に横になっても症状の改善が無い場合は、頭部CTによる緊急検査などが必要になります。

この場合外科的な処置か、投薬によるコントロールが必要になるので、その時点では整体で改善する範疇ではないはずです。

しかも、脳梗塞や脳出血といっても大小様々ありますので、そのへんの判断もご自身の判断では難しいかもしれません。小さい血管の脳梗塞なら、日常的に発生している人も少なくないはずです。

早急な検査が必要かどうかの判断も含めて、急激なふらつきや横になった時に全く改善しないふらつきは、一度検査の必要性の判断も含めて、専門の医療機関に見てもらうことが重要です。

自律神経の乱れでもふらつきは起きる

心臓や脳そのものに問題がなくても、上述したように血圧の変動によって症状が出ることは十分あり得ます。そしてその血圧をコントロールしているのが自律神経です。

自律神経は交感神経(血管の収縮)と副交感神経(血管の拡張)を常に同時働かせながら、その都度どちらかを優位に興奮させることで日中のリズムを作ったり、活動力、やる気、リラックス、癒しを与えるために血管を動かしています。

その証拠に、朝、身体を目覚めさせなければならない時間帯は、血圧が上がりますよね。寝る前になって身体が落ち着いてくると血圧が徐々に低下し、なんとなく身体の重だるさ、疲労感を感じませんか?

自律神経は午前中に身体を目覚めさせるために血圧や心拍を上げていき、日没とともに血圧を下げ、体温、脈拍も下げ、眠りにつきます。

例えば自律神経の乱れがあり、午前中に血圧が上がる時間帯に血圧が急に下がるとどうでしょうか。
血圧の落差が強く、脳も含めてあらゆる臓器の血流は低下します。その結果、脳貧血のような状態になり、ふらつきが発生します。

以上のことから、血圧をコントロールする自律神経の乱れを整えることで、そういった1日のリズムを作ることが、あなたが今すぐできるふらつき改善のポイントとなります。

ふらつきを改善する3つのステップ

ふらつきを改善する3つのステップを紹介します。まずはご自身で対処できるのか、ある程度判断できるようになりましょう。少しでも違和感を感じたら、専門の医療機関を受診してください。

もしご自身で解消できるふらつきであれば、改善のポイントは「自律神経」です。

自律神経とは、交感神経(緊張状態、ストレス状態で働く)と副交感神経(リラックス状態、癒しの状態)で高まります。この両者のバランスが乱れた際に、症状が発生します。

3つのステップで疾患の見極めから症状改善まで、確実の実施できるようにしっかり習得しましょう。

まずは横になる

ふらつきの主な原因は、脳血流不足による脳貧血状態であることが多いです。これは、起立性低血圧をはじめ、立ちくらみ、心不全、不整脈、脳梗塞、脳出血なども含めて全てに通じるものです。

なのでまずは横になって、脳の位置を下げることが判断においても重要です。しばらく脳の位置を下げても症状が改善しない。めまいや吐き気を伴うなら、重大な疾患を疑うべきであり、直ちに受診するべきかもしれません。

ある程度症状が落ち着くなら、一過性の何かが原因となって起きている可能性が高いです。または、その時症状は落ち着くけど、同じようなことを繰り返すなら、機能的な問題(心臓や副腎、自律神経の問題)ということになりますので、対応が必要となります。

水分を摂る

脱水によって機能的なふらつきが起きることもあります。脱水により血液の量が減ると低血圧になり、ふらつき症状を発生させるのです。

この場合、水分をとると改善します。ただし、脱水により脳梗塞を引き起こしている可能性もあります。その場合も視野に入れながら、経過を観察することが必要です。

また吐き気や嘔吐がある場合は水分補給自体ができないので、その場合は早めに専門の医療機関を受診しましょう。

自律神経を整える

上述したようなリスクが否定的であり、ご自身で対応可能とわかれば、自律神経を整えることで症状は改善、軽減されるはずです。

しかしふらつきは外出そのものを困難にさせてしまう場合が多く、発症初期はまず、「ご自宅で」改善する方法をお勧めします。

対症療法的として、しばらく横になって水分補給もしっかりして、その時の症状は改善したけど症状が繰り返す、外出する自信がつくほどにはならない場合は、ご自宅に整体師が直接来る出張整体がお勧めです。

あなたの自律神経をご自宅の安心できるスペースで整え、さらにご自宅でできる自律神経ケアも学べる出張整体がお勧めです。

あなたが自信を持って外出して、今までの生活まで最短で戻れるように、あなた自身が解決策を知っておくのも大切です。

なぜ当院の整体は、ふらつきの軽減がその場で実感できるのか?

ここでは当院がふらつきを改善するために何ができるのか、詳しく解説していきます。改善のポイントは「自律神経」であることはもうお分かりだと思いますが、もう少し深掘りして解説します。

理由①一人一人に合ったオーダーメイド整体

当院では、自律神経を整えるためのあらゆるアプローチをご用意しています。整体の中では、自律神経の乱れを作っている原因を直接整える「自律神経改善整体」を中心に行います。

そのための準備段階としてカウンセリングの中で一人一人オーダーメイドで症状改善のためにプランを作成していきます。(次項参照)

ふらつきを改善し、自分の力で立ち上がり、自信を持って外出する、今まで通りの活き活きとした生活に戻るのが最終目標です。

ふらつきは外出の不安を作るだけでなく、人としての自信をなくす、これからの自分の健康への不安を作るなど、様々な心理的負荷をあなたの心に投げかけていると思います。

当院ではそんな不安が一生涯起こらないように、あなた自身があなたの症状をコントロールする方法を、事細かにお伝えします。

理由②自律神経の乱れを作る要素の特定

先ほども少し話しましたが、オーダーメイドでプランを作成していく上で、あなたの自律神経を乱している真の要素について深掘りします。

ふらつきは脳血管疾患を除けば、基本的に機能的な問題です。その機能的な問題を解消するために、その機能をコントロールしている自律神経の乱れを知る必要があります。

その自律神経の乱れを作るものは様々あり、内臓の機能低下や感情ストレス、生活習慣や生き方などになります。

深掘りすると言っても、根掘り葉掘りあなたにお聞きするわけではなく、基本的にはアプライドキネシロジーという手法を使います。

原因が特定された段階で、施術がスタートしていくということになります。

理由③一生涯症状が再発しないための知恵

ふらつきを無くすために、そしてあなたの自律神経の乱れを改善するために、まず当院でお配りしている「食と暮らしの健康通信」は、毎月発行される健康新聞で、これを毎月読んでいるだけでもたくさんの気付きがあるはずです。

生活の中に潜む、自律神経を乱す原因や、痛み・不調に対する心得、思考についての基本がぎっしり詰まっているので、是非とも読んでみてください。

出張整体を利用されている方には、食と暮らしの健康通信と一緒に「個人レポート」として、あなたの1ヶ月間の体調や症状を記したレポートをお渡しします。

毎月の健康状態の把握、記録のためにお使いいただければと思います。

また、オンラインプログラム「イマケンラボ<健康を学ぶ会員制コーチング>」でさらに詳しく学ぶことにより、自律神経の乱れが原因となる不調で一生涯悩まされることのない知恵を得ることができます。

あなた自身の健康はもちろんのこと、あなたの家族や友達、周りにいる大切な人の健康を守ることができるはずです。

またはあなたがもし健康に携わる仕事をしているのなら、あなたのクライアントや患者様の健康を守ることもできるはずです。

詳しくは出張整体イマケンの公式LINEの登録だけでも済ませておいてください。あなたにとって有益な情報を定期的にお渡しすることをお約束します。

ふらつきでお困りなら力になります!

当院でふらつきが改善されるイメージがついたでしょうか?

今日の話をまとめると、

①ふらつきは症状の見極めが重要
②自律神経の乱れは血圧を変動させふらつきを招く
③自律神経改善整体でふらつきを改善・予防
④自分でできるケアを習得することも重要

言葉だけではわからないかもしれません。実際のところ整体というのは体感したことが全てです。なので一度ご連絡いただき、あなたの今の症状、これから一生涯の健康に対する不安・疑問を解消してください。

いつでもご連絡お待ちしています。

シェアするShare

ブログ一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。