090-6068-3163

ブログBlog

Blog

090-6068-3163

営業時間

【受付時間】月〜土 9:00~20:00 ※施術中は電話に出られない事があります。その場合は「お問い合わせ」よりメッセージをお願いします。

【施術時間】月〜金 9:00~22:00    土9:00〜12:00(土曜日は前日20:00までに予約)

>>コチラをクリックして予約状況を確認する

定休日

日・祝日

Home > ブログ > なぜ貧血になるのか?

健康

なぜ貧血になるのか?

皆さんこんにちは!吹田市にある自律神経症状専門の出張整体院「出張整体イマケン」の上村です!

今日は自律神経症状に似ている「貧血」になる理由を、あらゆる角度から解説していきます。日頃より貧血に悩まされている方は是非とも参考にしてみてください。

目次

貧血になる3つの理由

貧血になる主な理由は「鉄欠乏」です。しかし、同じように鉄分を摂取していても、貧血が強くて困っている人もいれば、全く感じていないような人もいます。

鉄分は体内に約3gあり、その内約65%はヘモグロビンの構成成分となり、その他はミオグロビンになって筋肉中に酸素を蓄えたりやフェリチンやヘモシデリンとして肝臓や脾臓、骨髄などに貯蔵されます。

どういった状況でそれらが不足したり、バランスを崩したりするのでしょうか?

ここではまず、貧血になりやすい人の特徴やその時期などについて、解説していきます。

理由①摂取不足(偏った食生活)

まず真っ先に考えたいのは、当然食事です。鉄分を外からしっかり摂取する、しているのが大前提になるからです。

必要量としては、18~29歳の女性では月経なしの場合6.0㎎、30~69歳の女性で6.5㎎、70歳以上の女性で6.0㎎です。18~29歳の男性では7.0㎎、30~69歳の男性で7.5㎎、70歳以上の男性で7.0㎎です。

もちろんとればとるだけいいというわけではなく、上限値もあります。食事摂取基準の上限量(過剰摂取にならない最大限の量)としては、女性では18歳以上で40㎎、男性では18~29歳で50㎎、30~49歳で55㎎、50歳以上で45㎎となっています。

この必要量と上限値に間で、その時々に合わせた量を摂取するべきなのです。

理由②排泄過多(月経・潰瘍・痔)

同じ量を摂取してもなんとなく貧血を感じやすい時は、もしかしたら鉄分の排出が多い時期なのかもしれません。

わかりやすい例で言えば「月経」です。月経時の失血によって、血液と同時に鉄分を排出してしまっているということです。

同じようなことで言えば、潰瘍の出血や痔なども当てはまります。どれも失血によって直接鉄分が失われているということです。

理由③必要量増加(成長期・妊娠・授乳期)

もう1つあげるなら、成長期や妊娠、授乳などで、鉄分の必要量自体が増えるている場合です。先ほど成人男女の必要量を6〜7mgと紹介しましたが、実は10歳〜14歳くらいまでの方が圧倒的に多く、その必要量は10〜11mgくらいとされています。

同じように妊娠中、授乳中はそもそも必要量が増えているので、先ほど理由②であげた排出過多の時期と同様、普段よりたくさん摂取しておくことが望ましいとされています。

鉄の過剰摂取はどうなるの?

鉄分を過剰摂取するとどうなるのでしょうか?これは、貧血の方にこそ考えていただきたいことなのですが、補うためのサプリメントなどはどうなのでしょうか?

鉄分ここでは鉄分の過剰摂取において考えたい問題について解説します。

鉄沈着症の発症や便秘などの症状に注意

長期にわたり過剰に摂取しつづけると鉄沈着症(ヘモクロマトーシス)を発症する恐れがあります。鉄沈着症は遺伝のものと後天的なものがありますが、臓器に鉄が沈着し、様々な症状を出すという点では同じです。

主な症状として以下のものが疑われています。

肝臓:肝炎・肝硬変・肝臓がん
心臓:心筋症・不整脈・心不全
膵臓:糖尿病・膵臓がん
生殖腺:性機能不全(EDなど)
甲状腺:甲状腺機能低下症
下垂体:下垂体機能不全(不妊・成長障害)など
関節:関節の腫れや痛み

これだけ見てもなかなか恐ろしいものばかりですね。

先ほども言いましたが、鉄沈着症は遺伝のものと後天的なものがあり、例えば輸血などでも起きると確認されています。少なくと、食事やサプリメントによって長期間過剰摂取するのは避けたいところです。サプリメントなどに頼らず、バランスの良い食事の中で、確実に摂取していくことが重要です。

C型肝炎の人は特に注意

先ほど過剰摂取の症状のところでも触れましたが、肝臓への負担が増えるとガンのリスクが上がります。なぜなら肝臓は、体内の過剰な鉄を蓄える機能を持っているからです。また、腸からの鉄の吸収を抑制する物質であるヘプシジンをつくりだす場所でもあります。

しかし、肝炎(主にC型肝炎)になると、ヘプシジンの産生を促進すると同時に、肝実質細胞への血液中からの鉄の取り込みを促進します。その結果、体内にある鉄が過剰に多くなってしまい、鉄過剰症を合併するリスクが上がります。

C型肝炎をお持ちの方は、鉄沈着症に細心の注意を払って、食生活を見直していきましょう。

鉄分の必要摂取量は人によって違う

基準値としてはっきりあるのですが、実際どのくらいがベストなのかはわかりにく面もあります。成長期といっても、どこまでの話なのか、なかなか難しい判断になりますよね。

基本的な考えとして、上限値だけ知っておき、それ以外に関してはとにかくバランスの良い「日本食」を意識してもらえればいいのではないかと思います。

次回以降でどういった食事、食材が良いのか、詳しく解説していきますので、お楽しみしていてください。

出張整体イマケンでは、吹田市、豊中市、箕面市、池田市、摂津市、茨木市、淀川区、東淀川区、旭区、守口市、寝屋川市などで、自宅にいながら本格整体を受けられるサービスをさせていただいております。

自律神経の乱れが原因で腰痛や肩こり、頭痛や下肢の痛みなどがあり、自宅で整体を受けたいという方は是非ともご連絡ください。

自宅から出られない、近所の人に知られたくないなどのお悩みがあれば、あなたにあったプランをあなたと一緒に考えて、あなたにとって最高に有意義な時間をお作り致します。ご相談だけでも構いませんので、気軽にお電話ください。

シェアするShare

ブログ一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。