090-6068-3163

ブログBlog

Blog

090-6068-3163

営業時間

【受付時間】月〜土 9:00~20:00 ※施術中は電話に出られない事があります。その場合は「お問い合わせ」よりメッセージをお願いします。

【施術時間】月〜金 9:00~22:00    土9:00〜12:00(土曜日は前日20:00までに予約)

>>コチラをクリックして予約状況を確認する

定休日

日・祝日

Home > ブログ > 太らないお酒の飲み方・おつまみの選び方とは?

健康

太らないお酒の飲み方・おつまみの選び方とは?

皆さんこんにちは!吹田市にある自律神経症状専門の出張整体院「出張整体イマケン」の上村です!

本日もあなたの自立神経を乱す食や暮らしの問題を探り出し、腰痛や肩こり、頭痛を根本から改善するための情報をお伝えします。

本日は「太らないお酒の飲み方」について解説します。同じお酒でも、太りやすいお酒と、太りにくいお酒があります。またおつまみの選び方、食べる順番によっても太りやすさは変わってきます。

ダイエット中の方が年末年始に今までの努力を水の泡にしてしまわないように、太らない飲み方・食べ方を詳しく解説していきます!

目次

太らないお酒の飲み方とは?

お酒はアルコールの代謝が早いから太らないと考えていませんか?そんな方のために、アルコールがなぜ太りやすくさせてしまうのか、太りにくい飲み方とはなんなのか、解説していきます。

アルコールが太りやすい体質にさせてしまう理由

飲酒中の体内は、アルコールを代謝することを優先的に行なっているため、他の糖質や脂質の代謝が落ちてしまっています。つまり、アルコールを分解するために肝臓などの臓器が頑張っているので、その他のおつまみやお酒の糖質は分解されずに蓄積されやすくなっているのです。

そんなことを考えずに、おつまみやご飯ものを食べていると、普段の食事よりも太りやすく、体内に脂肪を蓄積させてしまうということです。特に、肝臓に直接脂肪を蓄積させてしまう「脂肪肝」には注意が必要です。

太らないお酒の飲み方とは?

お酒の飲み方次第で、太りやすさは変わってきます。ここではダイエット中にできる太らない飲み方を紹介します。簡単にできるので是非ともやってみてください。

①休肝日を設ける
これは体調維持にも重要ですが、肝臓が元気でないと糖質は代謝されにくくなってしまいます。休肝日を設けて、肝臓が働きやすい環境を整えましょう。

②糖質の少ないおつまみ選び
後述しますが、糖質の少ないおつまみを選ぶことで、中性脂肪に変換される糖質の量を減らします。

③お湯(お白湯)割で飲む
アルコールの代謝がスムーズになるので、結果的に糖質や脂質の代謝も促進されます。飲むペースも、冷たいものよりはゆっくりになるので、飲みすぎ予防にもなります。
※ソーダ割は要注意です。ソーダに含まれる炭酸は、食欲を増進する作用があります。

④食事と飲酒を分ける
食事中にお酒を飲む方が多いですが、これは飲みすぎや食べ過ぎの原因になってしまいます。また、食事に含まれる糖質の代謝が落ちて、中性脂肪として蓄積されやすくなってしまうので、できれば食事の時間と飲酒の時間は分けてください。

⑤水分補給をしっかり行う
お酒を飲んだ次の日に全身がむくんでしまう場合、体内で発生した有害物質が外に排出しきれていないことが考えられます。お酒を飲んでも太らないためには、飲酒の最中や飲酒した後に、十分な水分補給を行いましょう。

太らないお酒とは?

たくさんお酒がある中でダイエット中にでも気にせず飲めるお酒はあるのでしょうか?ここでは、その製造方法を解説しながら、太りやすいお酒と太りにくいお酒の違いを解説します。

飲酒習慣がある方は、是非ともこの太りにくいお酒を取り入れながら、健康維持に役立ててください。

太りにくいのは蒸留酒

お酒には、醸造酒と蒸留酒、混成酒が存在します。

醸造酒は原料に酵母を入れて発酵させます。なので、糖質などの不純物がそのまま入っていることになり、アルコール度数も高くありません。日本酒やビール、ワインやマッコリなどです。

蒸留酒は醸造酒を蒸留させて作ります。その過程で不純物が抜けるので、糖質がなくなりアルコール度数はかなり高くなります。焼酎やブランデー、ウィスキーなどがあります。

混成酒は醸造酒や蒸留酒に草根木皮や果実などの香味を移してつくったものや、それらを混合して糖分を加えたものをさします。そのため糖質は比較的大きくなるものが多いです。梅酒やリキュールなどがそれにあたります。

お察しの通り、糖質の多い醸造酒や混成酒は太りやすくなります。太らないお酒を選ぶコツとしては、糖質の少ない焼酎、ウィスキー、ブランデーなどの蒸留酒を飲むようにしてください。度数が高いので、水やお湯で割るようにしましょう。

ちなみにいくら蒸留酒とはいえ、甘いチューハイやジンジャーハイボールなどで、糖質が多いものもありますので注意してくださいね。

お酒における太りやすさとカロリーの関係

蒸留酒はアルコール度数が高いので、カロリー自体は高くなっています。しかしアルコールは肝臓で優先的に代謝されるので、アルコール代謝能力を上げるビタミンB1などを含む食事を心がければ、脂肪として蓄積することはあまりありません。

後述する「太りにくいおつまみ」も参考にしながら、蒸留酒を意識して飲んでみてください。

太らないおつまみの選び方・食べ方とは?

「おつまみが太る」という話は聞いたことがあるかもしれませんが、実際にはどうなんでしょうか?ここでは、飲み会や一人飲みで太らないための「おつまみ選び・食べ方」について紹介します。

居酒屋に行くといろんなメニューがあって、なんでも食べたくなりますが、そのメニュー選びの際にも参考にしていただければと思います。

太りにくいおつまみメニュー・食材の選び方

何と言っても糖質中心の食事を避けることが重要です。なぜなら、飲酒中はアルコールの分解に肝臓がいっぱいいっぱいになっているので、糖質を取りすぎるとその糖質が代謝できずに血中に溢れてしまいます。その後それら余った糖質は中性脂肪に変えられて蓄積されます。

なので、ポイントは次の2つになります。
①糖質を避ける
②アルコールの代謝を助けるビタミンB1を多く摂取する

肝臓の余力を作り出すため、またアルコールの代謝を促進するための食事を意識しましょう。

太りにくい食材・メニュー

具体的には次のようなものがおすすめです。

枝豆
冷奴
冷やしトマト
卵焼き
チーズ
セロリの浅漬け
ゴボウ
きんぴらゴボウ
野菜スティック
キャベツ
漬物
酢の物
豚肉料理
丸干しイワシ
えのき
焼豚
焼き鳥
オムレツ
焼き魚
刺身
揚げ出し豆腐
納豆
ニンニクの芽
スルメ
ビーフジャーキー
ナッツ

などです。

太りやすい食材はもちろん糖質中心の食材です。特に締めのラーメンやデザートはできる限り避けましょう。

太りにくい食べ方

食べ方や食べる順番によっても太りやすさは全然変わってきます。

まず全体として心がけてほしいのは、早食いはやめてほしいということです。早食いにより血糖値が急激に上がってしまうと、どうしても脂肪に変換される量が増えてしまいます。

それを踏まえた上で、次のような食べ方・順番で口に入れていきましょう。

①食物繊維(野菜、きのこ、海藻類)
最初に食物繊維を入れることで、食物繊維の腹持ちの良さが食べ過ぎを予防してくれます。また、血糖値の上昇も防ぐので、中性脂肪に変換される糖質量も少なくなります。

②タンパク質(肉類、魚類、卵、大豆製品)
特に豚肉やマグロ、枝豆や豆腐などには、タンパク質だけでなくビタミンB1も多く含まれますので、糖質などの代謝に役立ちます。

③炭水化物
摂らなくてもいいのですが、どうしてもどうしても食べたいのなら最後にしましょう。おすすめは少し冷たいおにぎりです。白いご飯は冷めると腸内細菌の餌になりやすので、翌日のお腹の調子を改善するとも言われています。

飲み物やおつまみを管理して楽しい年末年始を過ごしましょう

今日は太らないために具体的に飲み会や一人飲みで何を飲むべきか、どういったおつまみが理想的を解説しました。ダイエット中であっても断れない忘年会や新年会などがある方は是非とも参考にしてください。

毎日の習慣にして、健康的で元気な年末年始になるようにお酒の選び方やおつまみの選び方に注意してくださいね。

出張整体イマケンでは、吹田市、豊中市、箕面市、池田市、摂津市、茨木市、淀川区、東淀川区、旭区、守口市、寝屋川市などで、自宅にいながら本格整体を受けられるサービスをさせていただいております。

自律神経の乱れが原因で腰痛や肩こり、頭痛や下肢の痛みなどがあり、自宅で整体を受けたいという方は是非ともご連絡ください。

自宅から出られない、近所の人に知られたくないなどのお悩みがあれば、あなたにあったプランをあなたと一緒に考えて、あなたにとって最高に有意義な時間をお作り致します。ご相談だけでも構いませんので、気軽にお電話ください。

シェアするShare

ブログ一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。