090-6068-3163

ブログBlog

Blog

090-6068-3163

営業時間

【受付時間】月〜土 9:00~20:00 ※施術中は電話に出られない事があります。その場合は「お問い合わせ」よりメッセージをお願いします。

【施術時間】月〜金 9:00~22:00    土9:00〜12:00(土曜日は前日20:00までに予約)

>>コチラをクリックして予約状況を確認する

定休日

日・祝日

Home > ブログ > ベッドや布団で横になると腰痛が出る方へ

腰痛

ベッドや布団で横になると腰痛が出る方へ

皆さんこんにちは!吹田市にある自律神経症状専門の出張整体院「出張整体イマケン」の上村です!

本日もあなたの自立神経を乱す食や暮らしの問題を探り出し、腰痛を根本から改善するための情報をお伝えします。

今日は、ベッドや布団で横になった時に出る腰痛について解説し、その改善方法を紹介します。

毎晩出る腰痛でお悩みの方に、改善のきっかけになればと思います。

目次

なぜベッドに横になると腰痛が出るのか?

ベッドや布団で横になる時は、夜寝る時や身体を休める時など、基本的に身体へ負担になるようなことはしていないはずですよね?ではなぜ、その時に限って腰痛が出るのでしょうか?

ここでは、なぜベッドや布団で横になる時に腰痛が出るのか解説していきます。

【理由1】立位姿勢が悪い

まず考えられるのは、臥位(寝ている姿勢)ではなく立位がそもそも悪いという状況です。身体の歪みや不良姿勢の継続により、普段の立位姿勢に歪みが強ければ、横になった時に負担が強くなります。

なぜこんなことが起きるのか理解するためには、「なぜ歪みが起きるのか?」ということを考えなければなりません。わかりやすいように歪みが起きる理由をざっくりと説明します。

まず身体に対する疲労やストレスの蓄積が起こります。そしてその結果、身体を支える筋力が十分に発揮できなくなり、重力に負けて身体が歪んできます。その時に、猫背や骨盤の歪み、バランスの崩れなどを引き起こしてしまうのです。

つまり、身体が疲れて重力に負けて歪むということです。ですので疲れて横になる時には基本的に身体が歪んでいることが想定されます。

その状態で横になるとどうなるでしょうか?筋力低下により今まで負担をかけ続けていた関節は解放される反面、関節位置が大きく移動することになり、それまで関節を支えていた周りの組織に負荷がかかり痛みが出ます。

このように言ってしまうと少しわかりにくかったかもしれませんが、簡単にいうと歪みのない正しい位置に戻ろうとする時に痛みが出ているということです。

「正しい位置に戻るのに痛みが出るの?」と考えてしまうと思いますが、歪みの位置に慣れてしまっているあなたの身体にとっては、正しい姿勢こそ不自然な姿勢になってしまうのです。

イメージして欲しいのですが、例えばご高齢で円背が強く、頭の位置が前にずれて良姿勢が保てない方は、そのままベッドで仰向けに寝れませんよね?ベッドの面で背中を圧迫し、身体が伸びていくような感じがあるはずです。

【理由2】横になる方法が悪い

意外と見落とされがちですが、ベッドや布団で横になる時に、間違って負担のかかる方法で横になっている人が多く見受けられます。

具体的にいうと、長座の姿勢からそのまま真後ろに横になる方法です。慎重になればなるほど、ゆっくりと横になりたいものですが、長座の姿勢からゆっくり横になると、間違いなく腰への負担が大きくなります。できればまず、側臥位(横向きに寝る)になってから仰向けになるようにしましょう。

【理由3】寝具が悪い

猫背姿勢や歪みの強い人は、固すぎる寝具は負担が強くなります。ですので、できれば柔らかいものか、頭の位置を少し上げて横になれる寝具(枕などで調整でもOK)にしましょう。

注意点として、寝具が柔らかすぎると寝返りが難しくなり、今度は同一姿勢の継続に伴う腰痛が発生することがあります。柔らかくても無理なく寝返りができるように、ご自身の体力、筋力を見極めながら選びましょう

ベッドや布団で横になる時に出る腰痛の対処法

ベッドや布団で横になる時に出る腰痛を改善させるためには、どうすれば良いのでしょうか?ここではその具体的な対処法を紹介します。

姿勢維持に関わる筋力をしっかり発揮できるようになれば良い

姿勢維持に関わる筋肉の筋力が低下した結果、腰痛が出やすくなっているので、その姿勢維持に関わる筋肉に刺激を入れてあげるだけでも腰痛が出にくくなります。

具体的な方法は次の項で紹介しますが、それだけで姿勢が少し変化します。もし姿勢に変化がなくても大丈夫です。背骨が少し動きやすくなっているのがわかります。

毎晩しっかり実施していけば、ベッドで横になる際に腰痛がでない身体になるのと同時に、猫背や円背などの不良姿勢も少しずつ改善されるはずです。

【実践】寝る前にやって欲しい腰痛対策

ここでは、ベッドや布団で横になる前にやって欲しい具体的な方法について紹介します。簡単な方法なので、是非ともチャレンジしてください。

1. イス(もしくは正座)で座ります
2. 両手の手の平を太ももの上、付け根付近におきます
3. 太ももを上から地面方向に押します
4. 3と同時に姿勢を伸ばし顎を引きます
5. その姿勢のまま、姿勢を崩さない(猫背にならない)ように深呼吸します

以上です。簡単ですよね?自分の筋力で背筋が伸びる感覚がわかるはずです。太ももが痛い場合は、太ももの上にタオルなどの柔らかいものを置いて、それを潰すイメージで行なってください。

ベッドで横になる時の腰痛は日中の継続姿勢がポイント

ベッドで横にある姿勢は、重力負荷を受けないので、最も自然な姿勢になるはずです。その姿勢をする際に痛いということは、そもそも日中の姿勢に問題があると考えるのが自然です。まずはその姿勢の改善に取り組みましょう。

ご高齢になり、日中もずっと円背になっている場合も、対策はあります。今日紹介した姿勢維持に効果的な運動を取り入れながら、寝る前の習慣にしてみてください。きっと、ベッドや布団に横になった瞬間の痛み改善に効果的なはずです。

出張整体イマケンでは、吹田市、豊中市、箕面市、池田市、摂津市、茨木市、淀川区、東淀川区、旭区、守口市、寝屋川市などで、自宅にいながら本格整体を受けられるサービスをさせていただいております。

自律神経の乱れが原因で腰痛や肩こり、頭痛や下肢の痛みなどがあり、自宅で整体を受けたいという方は是非ともご連絡ください。

自宅から出られない、近所の人に知られたくないなどのお悩みがあれば、あなたにあったプランをあなたと一緒に考えて、あなたにとって最高に有意義な時間をお作り致します。ご相談だけでも構いませんので、気軽にお電話ください。

シェアするShare

ブログ一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。