090-6068-3163

ブログBlog

Blog

090-6068-3163

営業時間

【受付時間】月〜土 9:00~20:00 ※施術中は電話に出られない事があります。その場合は「お問い合わせ」よりメッセージをお願いします。

【施術時間】月〜金 9:00~22:00    土9:00〜12:00(土曜日は前日20:00までに予約)

>>コチラをクリックして予約状況を確認する

定休日

日・祝日

Home > ブログ > 眼精疲労ってなに?気付きにくい症状について解説

健康

眼精疲労ってなに?気付きにくい症状について解説

皆さんこんにちは!吹田市にある自律神経症状専門の出張整体院「出張整体イマケン」の上村です!

今日もあなたが悩むあらゆる症状を長引かせている「自律神経の乱れ」を引き起こす原因について解説していきます。

自律神経の乱れが改善されれば、自己治癒力が高まり、長引く腰痛や肩こり、頭痛などの症状も同時に改善されやすくなるので、そういった症状でお困りの方も、最後までしっかりご覧ください。

本日のテーマは「眼精疲労」や「目の疲れ」についてです。

パソコンやスマホの見過ぎなどで自律神経が乱れ目が疲れると、目がしょぼしょぼしたり、乾燥したり、ひどい場合には、吐き気などを感じる人もいます。今日はこの時期起こりやすい、眼精疲労について解説していきます。

目次

眼精疲労ってなに?

眼精疲労というものは聞いたことはあるけど、目の疲れと何か違うのでしょうか?ここでは、目の疲れよりひどい、「眼精疲労」とは何か、解説します。

眼精疲労になると、もはや目の疲れが原因だということさえ見分けがつかない場合があります。あなたの今の症状と照らし合わせながら、検証しましょう。

目の疲れがひどくなると、眼精疲労になる

眼精疲労とは、言ってしまえば「目の疲れがひどくなったために起きた全身の症状」ということになります。目の疲れによる症状が出てきた初期の段階で、しっかりと目のケアさえすれば、眼精疲労によって苦しめられることはありません。

目の症状(目のかすみ、乾燥、重たさなど)を放置することで、眼精疲労に移行するわけですが、この「眼精疲労」のレベルにまでいくと、なかなか自力では改善できないことが多いです。

しかも眼精疲労は全身の症状なので、それが目の症状であることに気づかないということになります。例えば、眼精疲労によって「めまい」が起きても、一般的にめまいなら耳鼻科か神経内科ですよね。しかし、実際は眼精疲労が原因なので、目の疲れに対する何かをしなければ、本質的に改善することはありません。

眼精疲労の症状とは?

眼精疲労の症状は、全身症状となるので多岐に渡ります。まず代表的なのは、自律神経の乱れによる頭痛や吐き気、めまいなどの症状です。頭痛によってこめかみがズキズキしたり、集中力が著しく低下します。

また、肩こりや腰痛、足の重だるさなどの症状や、不眠症や夜間頻尿にも繋がります。ここまで全身に症状が出てしまってからでは、まさか「目」に原因であるなんて、ほとんどの人が気づきません。

なぜ目が疲れるのか?眼精疲労の原因を解説

私たちは、仕事や生活において、パソコンやスマホを使う機会が以前よりも増え、目を酷使するようになりました。携帯電話のブルーライトがいけないことは、なんとなくあなたも聞いたことがあるかもしれません。

そのため、若い人の間では、スマホのブルーライトカットシートを標準で買うような方も多く、スマホの使用時間を制限するようなアプリなどが出るようにさえなりました。

ここでは、あなたの身の回りにある、「眼精疲労を起こす要因」について詳しく解説します。

①目の病気・加齢によっておこる眼精疲労

例えば近視や乱視、老眼や白内障など、目の病気になることで視力が下がったり、視野が狭くなった場合のことを考えてみてください。目が見えにくくなると、目を細めたり、目を凝らしたりして、どうにかピントを合わせようとしますよね?

この「意識的にピントを合わせようとする行為」が目を酷使することになり、眼精疲労を招くことがあります。無意識にやってしまうことなので、いつの間にか目が疲れているという状態になります。例えば度の合っていないメガネやコンタクトレンズを使っている場合でも、同じように眼精疲労を招くことがあります。

②ストレスや心因性の要因でなる眼精疲労

過労や人間関係などの過度なストレスで、自律神経が乱れ、血流障害が起こり眼精疲労がおこることがあります。

また自律神経の乱れは、副交感神経の興奮を妨げ、外分泌機能の低下を招き、結果的に涙の分泌を少なくしてしまいます。涙は、目を保護するために重要なので、目の疲れを感じやすくさせます。

③環境的な要因からくる眼精疲労

暗すぎる環境、逆に眩しすぎる環境でも、目に与える負担は大きく、眼精疲労を招くことがあります。また、エアコンなどによる乾燥も目には負担です。

環境面でいえば、近すぎる環境での長時間の作業なども、目の疲労を蓄積する要因となります。つまり、エアコンの効いた明るすぎる(暗すぎる)蛍光灯の部屋で、長時間パソコン作業をされている方は、かなり眼精疲労になるリスクが上がります。

④目の筋肉を酷使することでおこる眼精疲労

眼球を動かす筋肉は外眼筋と呼ばれ、長時間集中してものを見ていると緊張し老廃物がたまります。また、目のピントを合わせるために水晶体の厚さが重要になりますが、その厚さを調整する筋肉は毛様体筋と呼ばれ、こちらも同じように長時間集中してものを見ていると老廃物がたまります。

この外眼筋や毛様体筋の老廃物をしっかり流し、血流障害や目の疲労の改善をしっかりと定期的に行わなければ、眼精疲労のリスクは上がってしまいます。

目の疲れをの越さない習慣を身につけましょう

眼精疲労になる原因を4つあげましたが、まとめると目を酷使しないことが最も重要で、できる限り目に良い環境を整えることが眼精疲労予防に繋がることがわかります。

具体的な内容は今後のブログで解説しますが、まずは今日お話しした、眼精疲労を起こす原因を徹底的に排除していき、目に疲れを少なくしていきましょう。

出張整体イマケンでは、吹田市、豊中市、箕面市、池田市、摂津市、茨木市、淀川区、東淀川区、旭区、守口市、寝屋川市などで、自宅にいながら本格整体を受けられるサービスをさせていただいております。

自律神経の乱れが原因で腰痛や肩こり、頭痛や下肢の痛みなどがあり、自宅で整体を受けたいという方は是非ともご連絡ください。

自宅から出られない、近所の人に知られたくないなどのお悩みがあれば、あなたにあったプランをあなたと一緒に考えて、あなたにとって最高に有意義な時間をお作り致します。ご相談だけでも構いませんので、気軽にお電話ください。

シェアするShare

ブログ一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。