090-6068-3163

ブログBlog

Blog

090-6068-3163

営業時間

【受付時間】月〜土 9:00~20:00 ※施術中は電話に出られない事があります。その場合は「お問い合わせ」よりメッセージをお願いします。

【施術時間】月〜金 9:00~22:00    土9:00〜12:00(土曜日は前日20:00までに予約)

>>コチラをクリックして予約状況を確認する

定休日

日・祝日

Home > ブログ > 腰部脊柱管狭窄症と腰痛は無関係?

腰痛

腰部脊柱管狭窄症と腰痛は無関係?

皆さんこんにちは!吹田市にある自律神経症状専門の出張整体院「出張整体イマケン」の上村です!

本日もあなたがお困りの長引く腰痛を改善するための情報をお伝えします。

ご高齢で腰痛をお持ちの方の中に「腰部脊柱管狭窄症」でお困りの方が時々いらっしゃいます。腰痛の原因が、その脊柱管狭窄症だというのは本当でしょうか?

今日は腰部脊柱管狭窄症が具体的にどのような症状を引き起こし、その症状と腰痛の関係性はどういうものなのか、考えていきたいと思います。

目次

脊柱管狭窄症とは?

まず脊柱管狭窄症とは、そもそもどういうものでしょうか?まずは、脊柱管狭窄症のことを最近知って、「私って脊柱管狭窄症なんじゃないの?」と疑問に思っている方へ、詳しく解説していきます。

腰部の疾患として、脊柱管狭窄症に似た症状は、他にも色々あります。詳しく覚えて、今のご自身の状態と照らし合わせながら、今後の対策をとっていきましょう。

脊柱管狭窄症の3つのタイプ

脊柱管狭窄症には圧迫されている神経の場所によって3つのタイプに分かれます。

1.馬尾型
両方の下肢、お尻及び会陰部の異常感覚(陰部神経障害)と間欠性跛行を伴うもの。

2.神経根型
主に片方の坐骨神経痛(下肢やお尻の痛み)の起こるもの。

3.混合型
1、2のタイプの混合するもの。

その中でも、1で起こる「間欠性跛行」が有名です。

そちらはあとで症状別に詳しく解説します。

長く歩けなくても腰痛とは関係ない?

脊柱管狭窄症では長い距離を続けて歩くことができません。これは、人間が2足歩行になってしまったがゆえに起きているのもで、立位で背筋が伸びると脊柱管(脊髄が通る管で、椎体の後ろに位置する)が自然と狭くなり、圧迫を受け続けてしまうからです。

しかし、座位や前かがみの姿勢では逆に、脊柱管が広がり下肢のしびれや痛みなどが軽減します。なので、間欠性跛行が出現する方は、歩行時に下肢の重だるさや痛みが出れば、すぐに座って休むべきなのです。

少しイメージして欲しいのですが、例えば私たちが4足歩行で4つばいになると、股関節は体幹に対して90度に曲がっていますよね?これはある意味、座っている姿勢や前かがみになっている姿勢と同じで、脊柱管へのストレスがなくなり、しびれや痛みが出にくくなる姿勢です。

つまり、前回のブログでお話しした座位の方が、脊柱管に対しては負荷が少ないということです。しかし、腰痛は座位の方が出やすいはずでしたよね?ここで、「脊柱管狭窄症のせいで腰痛がある」と思っている方の矛盾が明らかになります。

腰痛が出やすいはずの座位が、脊柱管にとっては負担が少ない。という矛盾です。これを説明できるお医者さんは多分少ないと思います。ちなみに、日本整形外科学会のホームページでも、「腰部脊柱管狭窄症では腰痛はあまり強くなく、安静にしている時にはほとんど症状はありません」と書かれています。

これは裏を返せば、腰部脊柱管狭窄症があっても腰痛の原因は他にあるので、改善の可能性があるということです。実際に、私が施術に携わってきた脊柱管狭窄症の患者様のほとんどは腰痛の原因が脊柱管とは別に見つかり、ほとんど改善します。

しかし注意点として覚えておいて欲しいのは、脊柱管狭窄症になるほど周囲の筋力低下があるなら、腰痛も出やすくなるということです。つまり、厳しい言い方をすれば、脊柱管狭窄症になっている時点で、改善しなければならないたくさんの問題があるということです。

腰部脊柱管狭窄症の3つの症状

上述した症状のうち、特に気をつけたい3つの症状をまとめていきます。間欠性跛行の他に、様々な神経障害が起き、転倒の危険もある腰部脊柱管狭窄をしっかり解説していきます。

症状①間欠性跛行

筋力低下が起き始める60歳以降、立位保持における腰部への負荷などが原因で、腰部の脊柱管付近の変形や靭帯の肥厚、骨化などが起き、脊柱管狭窄症のもっとも特徴的な症状の、歩行と休息を繰り返す間欠性跛行(かんけつせいはこう)が出てきてしまいます。

先ほどは腰部脊柱管狭窄症の症状として腰痛はあまり強くなく、安静にしている時にはほとんど症状がないと話しましたが、背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、太ももや膝から下には強いしびれや痛みが出て歩きづらくなります。しかしすこし前かがみになったり、腰かけたりするとしびれや痛みは軽減されます。

症状②神経障害

神経障害は主に2つあります。

1.坐骨神経障害
2.陰部神経障害

1の坐骨神経障害は、片方の下肢や臀部の痛みを伴うもので、神経根型の症状に分類されます。上述しましたが、腰痛はさほど強くはなく、下肢痛が主な症状です。

2の陰部神経障害は、両方の臀部や会陰部に出る感覚障害です。これは馬尾型に分類され、間欠性跛行を伴います。腰部などの痛みはほとんどありませんが、排尿障害などに気をつけなければいけません。

症状③下肢の脱力

最も危険で、注意したいのはこれです。痛みを伴うわけではなく下肢が脱力してしまい、膝くずれが起きるというものです。

かなり重度の脊柱管狭窄症なので、この時点で無理される方は少ないかもしれませんが、この症状まで出ている場合は、歩行時のこまめな休息をしっかりと意識しなければなりません。1人で外出していてこの症状が出てくると大変です。

なので、普段からご自身の歩行状態をしっかり把握して、できることなら座席のついた歩行器を使用するようにしましょう。もし下肢の力が抜けてきた、下肢が重だるくなってきたと感じたら、迷わず座って休息しましょう。

腰部脊柱管狭窄症になったら、症状を受け入れてこまめに休息を

腰部脊柱管狭窄症に伴う歩行障害や排尿障害などは、私たちが2足歩行である以上、そして高齢になるにつれて筋力低下が起きる以上、ある程度は仕方がないものです。ですので、症状が出る前に休息しながら、外出を続けるしかありません。しかし、「その結果腰痛が出ている」と思っているのであれば、もしかしたら一度考え直してもいいのかもしれません。

腰痛と腰部脊柱管狭窄症の関係性は、ないとは言えませんが直接的な問題というよりは間接的に関わっていることが多く、腰痛は大いに改善の余地があるということです。

出張整体イマケンでは、吹田市、豊中市、箕面市、池田市、摂津市、茨木市、淀川区、東淀川区、旭区、守口市、寝屋川市などで、自宅にいながら本格整体を受けられるサービスをさせていただいております。

自律神経の乱れが原因で腰痛や肩こり、頭痛や下肢の痛みなどがあり、自宅で整体を受けたいという方は是非ともご連絡ください。

自宅から出られない、近所の人に知られたくないなどのお悩みがあれば、あなたにあったプランをあなたと一緒に考えて、あなたにとって最高に有意義な時間をお作り致します。ご相談だけでも構いませんので、気軽にお電話ください。

シェアするShare

ブログ一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。